Dell OptiPlex SX270でXFree86を動かす


Dell OptiPlex を購入したはいいがX Window Systemが立ち上がらないので困った人が読むページ


最新のXFree86 4.4.0を入手する Dell OptiPlex SX270のグラフィックチップはIntel 645Gという統合化チップである。645GE、645GV,、645G,、645GLのグラフィックをインテルはIntel Extreme Graphicsという名称にしている。これはXFree86 4.4.0以上でサポートされている。www.xfree86.orgから入手するか、あるいは自分のディストリビューションのパッケージのアップグレードをするかしなくてはいけない。
BIOSでビデオRAMの容量を手動で変更する しかし、これだけではうまく表示されない。このままX サーバを立ち上げると640x480サイズになる。この理由はDell OptiPlex SX270のビデオRAMのサイズはBIOSで変更するようになっており、デフォルトが1MBとなっているためである。まずブート時にBIOS設定に入り、周辺機器の設定へいき、ビデオRAMの容量を8MBにする。これで立ち上げればXFree86のサーバ立ち上げ時に自動的に適切なサイズへ変更してくれる。/etc/X11/XF86Configや他の設定ファイルがあれば、そちらが優先されるので注意のこと。


キーワード: デル パソコン OptiPlex SX270 Linux ディスプレイ XFree86 X Window System Xサーバ Intel 645 チップ 画面サイズ

[PR] デルのサイト: dell_88x31


目次へ

すずきひろのぶ hironobu -at- h2np -dot- net 更新日: