Debian GNU/Linux Woody で MRTG + SNMPをクイック設定

Debian GNU/Linux Woody で MRTG + SNMP をクイックに設定したのを忘れないように書いておく

必要なパッケージをインストール
# apt-get install mrtg
# apt-get install snmp snmpd
/etc/snmp/snmpd.conf
#       sec.name  source          community
#com2sec paranoid  default          public
#com2sec readonly  default          public
com2sec readonly  192.168.1.0/24   public
paranoidの方を使おうとすると何故かうまくいかない。readonlyの方を使う。 アクセス可能なのはネットワーク内のマシンのみアクセスできるようにしてお く。communityに重複は許されない。
# /etc/init.d/snmpd restart 
再スタート
# snmpwalk -v 1 myhostname public system
すんなり出力される。最後が出力待ちになりNo response myhostnameとか出て くると設定が間違い。ここがきちんとできていないとcfgmakerがエラーになる。
mrtg コンフィグファイルは環境にあわせて個別に作らなくてはいけない。 /etc/mrtg.cfgは使わない。 cfgmakerを使うと簡単にできる。
# cd         <- rootのディレクトリの下に
# mkdir mrtg <- mrtg専用のディレクトリを作っておく
# cd mrtg
# cfgmaker myhostname >> mrtg-myhostname.cfg
とりあえず変更
--- mrtg-myhostname.cfg
#  for Debian
WorkDir: /var/www/mrtg/  <-必要であれば変更
IconDir: /mrtg <--HTMLで参照する場所を追加
---
cfgmakerでperlがエラーを出す場合、perlがエラーになるので何かcfgmakerの バグのような気もするが、snmpd.confの設定の方に問題がある。snmpwalkで処 理が通る所まで作業を戻す。 必要であれば適切なディレクトリへ。その場合、/var/www/mrtg内に既に入っ ている画像ファイルを移すのを忘れずに。そのアイコンファイルの指定は IconDir:で行う
# /usr/bin/mrtg  /root/mrtg/mrtg-myhostname.cfg

これを3回行うとうまく/var/www/mrtg以下にファイルができる。
1、2回目にはwarningが出る(以前のデータが存在しないため)。
その他
  • /etc/cron.d/mrtgの内容を変更するのを忘れずに。
  • http://localhost/mrtgを外部みせたくない場合は適切な処理をすること。

  • キーワード: Linux Debian Woody MRTG snmp snmpd.conf トラフィックモニター cfgmaker perl エラー

    目次へ

    すずきひろのぶ hironobu at h2np dot net 更新日: