FREQUPS-F FW-F10-0.3K, 0.5K

他にもハマッタ人がいるだろうか

FW-F10-0.3K, 0.5KにRS232cを接続し、LinuxからUPSの状態をとらえようとし て、うまくいかない人はいなかっただろうか。シャットダウン云々じゃなく、 電源状態を記録していきたい人はいなかっただろうか。

実は取扱い説明書の6ページ目の説明にある信号のみ取り出すだけで、どうも 製品サイトから提供しているプログラムではコントロールできないようなのだ。 この機種はプロトコルで操作、みたいな高級なことはできない。ラインでオン したり、オフしたりしているだけだ。上位機種はきちんとプロトコルを もっている。 というわけで、プログラムを作った。どう動作するかサンプルにどうぞ。

  • ダウンロード
    
    * upswatch --- MITSUBISHI FREQUPS-FシリーズをRS232cで接続して、UPSの電
    源の状態を見る
    
    ** 概要
    
    MITSUBISHI FREQUPS-FシリーズをRS232cで接続して、UPSの電源の状態を見る
    ツールである。停電時のUPSシャットダウンなどをする場合はupsshutdownを使
    う。
    
    ** OVERVIEW
    
    次の要領で実行する。
    
    
    Step 1: コンパイル
    
      $ make 
    
    Step 2: 付属ケーブルをLinuxとUPSに接続 
    
      Linuxは/dev/ttyS0が割り当てられていること
    
    Step 3: 動かす
    
     $ ./upswatch
     Sat Jun  9 13:02:41 2007 スタート  ./upswatch
     Sat Jun  9 13:02:41 2007 *** 初期状態チェック ***
     Sat Jun  9 13:02:41 2007 停電中,電圧低下中,停電時UPSシャットダウン
     Sat Jun  9 13:02:41 2007 電力供給回復,電圧回復,停電時UPSシャットダウン解除
    
    立上り時に初期状態をチェックしているのだが、何も設定をしていない状態で
    シリアルラインをアクセスしているので、どのようなステータスが返ってくる
    かはわからない。初期状態チェック後、デフォルトで停電時UPSシャットダウ
    ン解除をしており、そのステータス変化より正しいステータスがUPSから戻っ
    てくる(ようだ)。
    
    ** ヒント
    
    ** 停電時UPSシャットダウン設定
    
    本システムでは停電時UPSシャットダウン設定は強制的にオフにしている。こ
    のシグナルをオンにしておくと、電源異常が発生した時、自動的にUPSがシャッ
    トダウンしてしまう。
    
    ** ログのヒント
    
    Case 1:
     $ ./upswatch
     Sat Jun  9 13:02:41 2007 スタート  ./upswatch      <--(1)
     Sat Jun  9 13:02:41 2007 *** 初期状態チェック ***
     Sat Jun  9 13:02:41 2007 停電中,電圧低下中,停電時UPSシャットダウン <--(2)
     Sat Jun  9 13:02:41 2007 電力供給回復,電圧回復,停電時UPSシャットダウン解除 <--(3)
    
     例の場合は、1〜2行目(1)がスタート情報、3行目(2)が何も設定しない状
    態のUPS の設定、4行目(3)が本システムで設定後の状態。
    
    Case 2: 
    
     Thu Jun  7 17:01:09 2007 停電発生,電圧正常  
    
     停電が発生した。しかしUPSが電力を供給している
    
    Case 3:
    
     Thu Jun  7 17:01:34 2007 電力供給回復,電圧正常
       停電が復旧。
    
    Case 4:
    
      Thu Jun  7 17:03:22 2007 停電発生,電圧正常
      Thu Jun  7 17:36:38 2007 停電中,電圧低下発生
    
     停電が発生した。UPSが電力を供給していたが、バッテリーが持たなくなり電
    圧低下が発生した。
    
    
    -------
    
    * コマンドupsshutdown
    
     upsshutdownは停電時UPSをシャットダウンしたい時に使う。
    
    * システムへのインストール
    
     コマンド類が/usr/local/frequps-f以下へインストールされ/etc/frequps-f
    以下が作成される。
    
     $ sudo sh install.sh
    
    
    * システムへのアンインストール
    
    /usr/local/frequps-f以下すべて削除
    
     $ sudo sh uninstall.sh
    
    
    $Id: README,v 1.2 2007/06/09 05:38:53 hironobu Exp hironobu $
    
    

    キーワード: UPS FREQUPS-F 接続しない "Failed to communicate with UPS" Linux 停電 電圧低下 プログラム 停止 制御

    Topへ