上海蟹

Photo and Writing by すずきひろのぶ

そりゃもう、上海蟹を食うしかないっすよ!


sIMG_5592.JPG
[640x480]
sIMG_5593.JPG
[640x480]
まず上海郊外の朱家角という水路の美しい街にいった。で、前後の説明は抜き で、上海蟹。上海蟹とはモクズガニである。ハサミの所に毛がある。

sIMG_5599.JPG
[640x480]
sIMG_5600.JPG
[640x480]
大体350gはあっただろうか。大きめだ。上海蟹は蟹肉を食うのではない、ミソ を食べるのだ。そのミソに絡めるて肉を食べる。肉だけなら毛蟹の方がうまい。

sIMG_5668.JPG
[640x480]
sIMG_5669.JPG
[640x480]
朱家角の路地を歩くと地元産の上海蟹がある。大体15元ぐらい。上海蟹は取 れた場所のブランドで食べるものなので、産地で違えば10分の1ぐらいの値 段になる。

sIMG_5706.JPG
[640x480]
sIMG_5707.JPG
[640x480]
最高級ブランドである「陽澄湖」の上海蟹。とにかく偽物が多いので、足にタ グをつけた上に甲羅にセキュリティシールを張り付けている。これで1つ13 0元〜150元(日本円で2080円から2400円)ぐらい。美林閣という 大手レストランで食す。レストランを信用するしかない。11月第一週は、メス の卵、オスの白子どちらとも食えるチャンス。もちろん食う。うむ、味が濃い。 マジでうまい。来て良かった。

NOTICE:
COPYRIGHT 2005 HIRONOBU SUZUKI, All OF PICTURES ON THIS PAGE HAVE BEEN PERMITTED TO COPY AND REDISTRIBUTE.

このHTML4.0ファイルは簡易フォトエッセイプログラムmkphe(rcsrev 1.7)によってSun Dec 4 19:32:37 2005に生成したものです。